世界のニュース、時事ネタを先取りウォッチ
世界のニュースや時事ネタを公開
3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン実施中!

サイバー攻撃防ぐ“正義のハッカー”育成プログラム

ノアコイン

サイバー攻撃防ぐ“正義のハッカー”育成プログラム

サイバー攻撃防ぐ“正義のハッカー”育成プログラム

最年少10歳ら47人選出

まさに地球防衛軍!

サイバー攻撃の脅威が高まる中、政府は防衛技術を持った人材「ホワイトハッカー」を育成するプログラムの受講生47人を決めた。

出典 http://www.sankeibiz.jp

現代版少年探偵団!?

応募資格は25歳以下の国内在住者で、競争率約8倍の選考で決まった受講生には、最年少で10歳の小学生、14歳の中学生ら17人の未成年者が含まれていた。

出典 http://www.sankeibiz.jp

政府の人材育成では異例の低年齢だが、年少の頃から訓練を積んで身につけられた高度な技術により、サイバー攻撃に対する日本の防衛力が向上することが期待される。

出典 http://www.sankeibiz.jp

学生が中心

 このプログラムは、総務省所管の研究機関、情報通信研究機構(NICT)内に4月に設置された「ナショナルサイバートレーニングセンター」が始める。
359人が応募し、書類選考で男性43人、女性4人が決定。内訳は大学生19人、高専生10人、大学院生9人、社会人5人ら。

出典 http://www.sankeibiz.jp

国を救う若きエリート集団

育成期間は1年間で、インターネットでの学習が中心になるため、学業や仕事と両立できるのが特徴だ。
同センター幹部は
「早い時期から技術を磨くことが重要なので、受講生の年齢には下限を設けていない。日本のサイバーセキュリティーを背負う人材として育ってほしい」
と話している。

出典 http://www.sankeibiz.jp

ホワイトハッカーは正義の味方

ホワイトハッカーとは、コンピュータやネットワークに関する高度や知識や技術を持つ者を指す呼び名である「ハッカー」のうち、特にその技術を善良な目的に活かす者のことである。

出典 http://www.weblio.jp

元来、「ハッカー」という呼び名そのものに、行いの善悪に関するニュアンスは含まれていない。しかしながら通俗的なイメージとしては、ハッカーといえばコンピュータシステムに不正に侵入したり、プログラムを不正に改変したり破壊したり、といった悪行を重ねる姿として想像されやすい。ホワイトハッカーという呼び方は、そうした悪意ある活動ではなく、善意のもとに活動するハッカーという意味を明示するために用いられている。

出典 http://www.weblio.jp

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ